故人の冥福を祈る

葬儀

種類や準備すること

人が亡くなると、故人を供養するために法要・法事をします。法事は、お坊さんに読経してもらうだけでなく、読経後の会食まで含め、法要はお坊さんに読経してもらって、故人の冥福を祈ることを指します。人は死ぬと、エンマ大王によって7回の裁判をすると言われています。7日ごとに裁判が7回行われ、生前の功徳を裁かれます。この時に、生きている人たちが法要によって追善供養をすることで、罪を軽くしてもらうことができます。逝去から7日ごとに法事・法要をするのですが、それぞれ名前があり、逝去から7日目が初七日・ショナノカ、14日目が二七日・フタナノカ、21日目が三七日・ミナノカ。28日目が四七日・ヨナノカ、35日目が五七日・イツナノカ、42日目が六七日・ムナノカ、49日目が四十九日・シジュウクニチと呼ばれます。その後は、1年ごとに法要・法事が行われ、これを年忌法要と言います。法事をするときには、まず日時や出席者数を決めてから、お坊さんの手配をします。お坊さんが来てもらえることになれば、親族や知人に出席をお願いする案内状を送ります。この案内状は、法事の1ヶ月前には送るのが理想です。後は、引き出物や会食の用意をして準備は終わりです。当日は、施主の挨拶から始まり、施主の挨拶で終わります。終わりの挨拶では、会食を用意していることを伝えて、出席してくれた人たちに感謝の気持ちを込めておもてなしをします。故人の冥福を祈り、しっかりと法事・法要をしましょう。

Copyright© 2019 法事の特徴とはいったいどういった感じになっているのか All Rights Reserved.