合掌する女性

これから法要をするなら

法事をする場合には、多くの場合業者に任せてしまっています。業者の中では既に仕組みが整っており、喪主としても事前の打ち合わせをしっかり行えば後は任せて安心といえます。これにより、自分たちが入念に準備をする必要はなくなるでしょう。
葬儀

故人の冥福を祈る

人が死ぬと、7回の裁判が行われて、天国に行けるのか、それとも地獄域なのかが決められると言われています。そんな裁判で、生きている人が追善供養できるのが法要・法事です。法要をしっかりとして個人の冥福を祈りましょう。
葬儀会場

宗派を確認しよう

法事は地域や宗派によって異なります。まずはその点を確認しておきましょう。周りの大人たちに聞けば教えてもらえるはずです。また、日頃からルールやマナーなどについてインターネットや書籍で調べておくのもいいでしょう。
葬儀会場

亡くなった後の行事

法事にはいくつかの種類がありますが、その中で比較的規模が大きいのが四十九日になります。この場合葬儀場などを借りることから10万円ぐらいの費用がかかると考えてよいでしょう。お坊さん及ぶ場合には、さらに5万円ぐらいかかることもあります。
葬儀会場

節目で行う供養

法事は故人が逝去をしてから迎える節目に執り行います。故人のことを考えて、読経をあげてもらったり、墓参りをするということになります。会食をすることも多いので、施主家はその準備に追われてしまうこともあるので、大変です。

供養するための儀式

葬儀

知っておきたいあれこれ

仏教では故人の霊が安心して極楽浄土に行くことができるようにと定期的に祈りを捧げる儀式をとりおこないます。その儀式のことを法要と呼び、一般的には追善供養のためにお経をあげてもらうことを指す言葉です。また追善供養だけでなくそのごの会食まで一つのセットとなっているもののことを法事と呼び区別しているのですが、同じものとして扱われることも少なくありません。亡くなってから百日目までにおこなうもののことを忌日法要、亡くなってから1年目以降におこなうものを年忌法要と呼んでいます。ただ、どこでも同じようにおこなうわけではなく、その宗派や地域によっても異なっている点も少なくないのが大きな特徴です。また本来は命日におこなうものですが、その日にはどうしても法事をおこなうことができないというときには、命日よりも前におこなうのが一般的です。定期的におこなうものとなっていますが、一般的には葬儀から33年目までおこなうものとなっており、三十三回忌を区切りとして扱っています。また、葬儀自体は友引などの六曜を気にしておこなうものとなっていますが、法事に関しては六曜は気にすることなくおこなったとしても問題ありません。さらに現在ではライフスタイルも変化しており、なかなか親族が集まって法事をおこなうのが難しい状況となっている場合も少なくありません。そのため、本来は定期的に集まるものとなっていますが、現在では負担を軽減するなどの目的から法事の回数自体を減らす傾向となってきています。

Copyright© 2019 法事の特徴とはいったいどういった感じになっているのか All Rights Reserved.